はっぴーはっぴー人生

どうやったらはっぴーはっぴーな人生って送れるんでしょう??ちょっと考えてみました。

良い女になって1日過ごしてみた結果

昨日は 

自分良い女!

どうせみんな私のこと好きなんでしょ

など思いながら生活してたらなんか周りの振り向き率が凄かったよ。

 

あまりにも周りが振り向くので「え?!私なんかおかしい?!」と思って慌てて鏡見たけどいたって普通だった。

 

なんならいつも利用しているスーパーの見慣れた店員さんですら なんか私のことものすごく見てくる。

 

なかなか衝撃的な1日になったよ。

 

まぁ実際のところ真実は闇の中なわけで。

 

だとしても周りの反応が変わったことは事実。

 

やっぱり内面は滲み出てくるものなんだなぁと昨日の1日で実感した。

 

そして そんな良い女のお手本にしたいと思ったのがブルゾンちえみ

 

録画していたしゃべくり007を見ていたら 芦田愛菜ちゃんがブルゾンちえみのネタをやっているじゃない。

 

クオリティ高すぎて感動

 

そして愛菜ちゃんが美人さんに育ってるものだから それも相まってテンションが上がったよ。

 

でも ブルゾンちえみのネタは良いね。

是非とも良い女の参考にしたいと思ったよ。

 

探さない 待つの

 

とかさ、マカロンさんをまず私は思い出したよ。

 

カロンさんは「なる」の達人さん。

カロンさんの話の中でクローバーの話がある。

四葉のクローバーは探さないの、来てもらうの」

この話が ブルゾンのネタと合致しました。

 

潜在意識もそう。

現実的に何も手を加えなくても 「かなって当然だからなんの不安もわかないよ」って状態になることで気づけば願いが叶ってる。

 

だからブルゾンの

探さない 待つの

は潜在意識的にとっても有効。

 

この待ってる時っていうのは

 

「いつ?!いつなの?!とりあえず待ってれば良いの?!いつまで待てば良いの?!今日?!明日?!いつ?!ちゃんと待ってるのに何も現れないじゃない!!」って待ってても意味ないんだよ。

 

「良い男?あぁ、現れて当たり前だからね。別に出会いの場に行かなくってもなぜか良い男と出会うのよね 私って。何もせず普段どおりに生活してるだけよ。待ってもいないわ」

 

これが至高。

 

今現在 出会いに飢えすぎて焦りすぎて鼻水垂れ流しながら頑張ってる人は とりあえずブルゾンのネタ見てみたら良いんじゃないかな?

 

ブルゾンちえみのネタを繰り返し見て 自分の内面をブルゾンに変えてみるのも一つの手だと思うよ。

 

あのネタは良い女がウリなわけだから 女性専用みたいに見えてしまうかも知れない。

 

でもあの考え方は私はとても素敵だと思う。

十分男性にも見ていただきたい。

 

見るべきところは良い女な部分じゃない。

 

自分はその様な現実になって当たり前だと思える自信。

 

彼女のネタから 私たちが本来持つべき自信というものを感じてもらえれば良いかな。

 

 

 

 

 

どうせ私のこと好きでしょ?

恋愛でも仕事でも 対人と接する時に気になってしまうのが 相手は自分のことをどう思っているのかではないでしょうか。

 

私はよく、勝手に被害妄想をして

「あの人は私を嫌ってる」

「あの人は敵だ」

など本気で思ってました笑

子供か笑

 

私に限らずそう思ってしまう人は少なくないんじゃないでしょうか。

 

仕事では 怒られた時に「怒らせた!呆れられた!嫌われた!」

 

恋愛だったら好きな人から連絡がないと「嫌われた!見放された!」

 

などなどよく思ったものです。

 

こんなふうに思ってしまうと 相手に対する自分の態度も変わってしまうんですよね。

 

怒られたことがある人に対しては また怒らせたらどうしようという恐怖心が少なからず生まれてしまい 相手に対しても怯えた態度が出てしまいます。

 

その態度は当然相手にも伝わってしまうわけで。

 

良好な関係を築きたいのにうまくいかないことってよくありますよね。

 

だから こんな時は私はこう思っています。

 

どうせ私のこと好きでしょ?

 

そうすると さっき私のこと怒ったけどどうせ私のこと好きなんだしまぁいっかってなるんですよね。

 

そうすると態度もおどおどしたものじゃなかっていつも通りの自分で相手と話すことができるんです。

 

そうすると 案外相手も普通に対応してくれるんですよね。

 

あとは どうせ好きなんだし思ったことを素直に言ったりもします。

 

「こんなに信じられないミスをして〇〇さんを困らせてしまって本気で消えてしまいたいです私!」とか言うと、人にもよりますけど結構笑ってもらえます。

 

人にもよりますけどね!!

そこは空気読みますけどね!!

 

言えない相手には心の中で「どうせ私のこと好きなくせに〜。もう困っちゃうな〜」とか勝手に思ってます。

 

相手を怖い存在にするのって結局自分なんですよね。

 

だったら怖くない存在にすることだってもちろん可能。

 

だったら私は怖くない方を当然選ぶ。

 

恋愛だってそう。

現実的に何にも起こってなかったとしても、誰かを好きだったとしても

 

「どうせ私のこと一番好きなくせに〜

モテるって辛いわ〜」

 

くらい思っときゃいいんです。

 

私は思うようにしてます笑

 

そうすると 今までは恥ずかしかったり考えすぎで言えなかったことも普通に言えちゃうんですよね。

 

「私にこんなこと言われて嬉しいんだろう〜」とか考えながら笑

 

だってどうせ私のこと好きなんだし!!

 

みんな私のこと好きなんだし!!

 

自分から生き辛くするんじゃなくって どんどん生きやすい方向に持って行こうじゃないか。

 

今までと比べると本当に生きやすくなったよ!

全部無視して自分は完璧だと思ってみる実験

潜在意識を始めてから少しずつ変化が見え始めました。

 

最近順調に出会いが増えてきて さらに前からの知人が実はすごく考えが似通っていることにも気づき 人間関係で本当に大きく変化を実感しています。

 

金持ちの輪は絶やさずに広げていこうと心から思ってます。

 

出会いが増えていく中で この人とはもう少し深く関われたら嬉しいなという人も出てきてくれるようになりました。

 

素敵な男性を見る機会も増えてきたので 私の素敵男性を引き寄せてしまう磁石が発動し始めてきました笑

 

もう少し深く関わってみたいと思える人と出会う反面 やはりうん10年と培ってきた「私のことなんて、、」というネガティブも少し顔を出してきました。

 

うざったらしいww

 

まだまだ現実に振り回される部分が残っていました。

 

なので 現実総無視で完璧に事が運んでいると今から1週間

 

徹底的に思ってみようと思いました。

 

ブログを書いているんですから、このように誰かに発信できる場があるのなら それを活用する手はないなと思いました。

 

1週間 徹底しておこなった結果 現実的に何も変わらないかもしれません。

 

でも別にそれでも良いんです。

 

どこかしらにきっと変化を見せてくれるだろうと思っています。

 

なので 今から完璧な私です。

どうぞよろしく。

 

アウトプットのため 更新もこまめにすると思います。

 

このブログのおかげでアウトプットする場が持てました。

 

アウトプットの大切さを最近実感しています。

 

外に落とし込むことによって 自分自身にも落とし込まれるからです。

 

アウトプットをするのとしないのとでは 変化のスピードが全く違うと思いました。

 

そういうわけで ひとつよろしく!

失恋で悩んでいる人はこれを観たほうがいい

映画はやっぱりとても良い。

映画を通していろんなことを知れるから。

 

今日オススメしたい映画は失恋した人に観てほしい。

 

大好きな人に振られた時 どうしてもこの人じゃなきゃ嫌だ!と思う人は少なくないと思う。

 

好きになったんだからしょうがない。

それは本当に素敵な気持ちだと私は思う。

 

でも 少しだけ視野を広げるのも良いんじゃないかともこの映画を観て思った。

 

 

 この映画は 37歳の男性が17歳に戻ってしまう。

たくさんの後悔をやり直したいと思うけれど それ以上に自分が何を大切にしなければいけないのかに気づいていく

 

この映画ではまずチャンドラーが出ていたことに興奮した。笑

 

私が大好きな海外ドラマ「フレンズ」のチャンドラー(マシュー・ペリー)

 

さほど出てこないけどそれでも見れて嬉しかった笑

 

この映画の何が素晴らしいって17歳に戻ったマイクだからこそ17歳の少年少女たちに伝えることができる言葉が素敵だと思った。

 

私が特に素敵だなと思った言葉がふたつあります。

 

この言葉は私たちが生きていく毎日において 大切にしなきゃいけないんじゃないかなと思う。

 

若い時は、なんでもすぐこの世の終わりみたいに思えちゃうもんなんだ。でも違う。これは始まりなんだよ。この先これからも泣く事があるかもしれないけど必ず出会える。君だけを愛してくれるふさわしい男に。

 

君らが自分を大事にしないなら 人から軽い女だと思われても当然だろ?

 

 特に後者の言葉は恋愛以外にも十分当てはめられますよね。

 

潜在意識では特に 自愛が大切です。

 

まず 自分が自分を大切に扱わない限り周りが私を大切に扱うわけない。

 

自分をどれくらい大切にしているかって自然と醸し出されるんですよね。

 

わかりやすい例えで言うと、叶姉妹

 

前に話題になりましたよね。

コミケ叶姉妹が現れた時  モーゼのように道が開き、拍手喝采になったらしい。

 

叶姉妹が有名人だからとかではなく あの人達にとってそういう扱いが当然なんですよね。

 

叶姉妹が雑に扱われるのなんて 正直想像がつかないくらいに あの2人(特に恭子さん)には当たり前なんです。

 

どんなに大御所でもいじられる人がいれば 神様のように崇められる人もいる。

 

これらはみんな 周りが決めたわけではなく 自分自身そういう存在であって当たり前が染み付いているからなんですよね。

 

どんなに今が辛かったとしても、

自分は幸せであって当たり前

 

自分は愛されて当たり前

 

不幸で泣いている自分なんて想像つかない

 

これくらい思ってしまうべき。

 

だって本当にそうだから!

みんな自分を低く見積もりすぎてる

自分がどれだけ素敵な人間が分かってなさすぎる。

 

絶対に自分にとって最高な人は現れる。

最高な現実は絶対に起こる。

 

それは別れた彼なのかもしれないし 別の人かもしれない。

 

どちらでも良いんじゃないかな。

 

自分を幸せにしてくれる最高な人だったら。

 

この映画は本当に元気が出るから 少しでも前向きになりたいような人にはおすすめ。

 

自分が本当に大切にすべきものが もしかしたら見えてくるかもしれない。

 

 

不必要に考えなければ全部うまくいく

こんにちは。

なんだか今日は多くのところで落雷があるかもと朝の天気予報で言っていました。

 

雨の多い8月は夏を忘れてしまいそうになりますね。

冬以外の季節がすきな私にとっては少し寂しいものがあります。

 

✳︎           ✳︎            ✳︎              ✳︎            ✳︎

今日は改めて潜在意識の基本的な部分を振り返ってみようと思います。

                              ✳︎

普段私たちはたくさんのことを考えて過ごしていますよね。

 

潜在意識を知っている方たちは この普段の思考を「エゴ」と呼んでいます。

 

要は顕在意識ですね。

多分正式には エゴ=自我なんでしょうが、こういう細かいことは正直ほとんど理解してませんw

 

エゴが自我だろうが顕在意識だろうが はたまた同義語だろうが正直そういう細かい定義名とか興味ないんで省きます。

 

とりあえず、私たちの普段頭の中に巡ってる思考たちは全て「エゴ」と私は認識しているので これらの思考たちすべてを私は「エゴ」と呼んでいきます。

 

そして 私たちはこの「エゴ」によって普段行動を起こしています。

 

例えば・・・・お腹すいたな、眠たいななどなど

こういう普段何気ない考え方がエゴである ということです。

 

朝、アラームがなったから起きなくちゃ  というように頭で浮かんだ考えから行動を決めています。

 

普段の生活において 朝のアラームが鳴ったから起きなくちゃ というような必要な行動もあれば、自分の生活や人生において不必要な行動も同時にあるということをお話ししていきたいと思います。

 

必要な行動と不必要な行動の違いって正直言ってよくわからない方がほとんどなんじゃないでしょうか。

 

特に潜在意識を知らない人や つい最近知り始めた人たちは、何がなんやらだと思います。

 

ある程度知識がある人でも 現実が何も変わらないと嘆いている人たちにとっては多分よくわからないんじゃないのかなと思います。

 

違いを簡単にいうとその思考に不安な要素が伴っているか伴っていないかだけなんです。

 

私は朝 不必要な思考によって不必要な行動を取ってしまったと思った出来事がありました。

 

私は毎日電車で会社に通勤しています。

乗り換えをしなくてはいけないのですが この乗り換えの時間が本当に微妙なんです。

 

うまくいけば特急に乗れるんですが だいたいホームに着いた時点で扉が閉まります笑

 

結構悔しいですw

 

なので、今日はベスポジの扉付近を陣取って 乗換駅に着いたら速攻でホームに向かってやろうと意気込んでたんですよね。

 

そこそこ頑張りました。

そこそこ。

 

走ったりするのは迷惑極まりないんで早足で乗り換えのホームを目指しました。

 

まぁ 案の定目の前で扉が閉まりやがりましたけどね。

 

頑張ったのに!!

いつもより頑張ったのに!!

 

なんでだよー!!

目の前で扉が閉まるのが一番悔しい!!

 

まぁ この悔しさをバネに私は今日のブログを書いてやろうと心に誓いました。

 

このうまく特急に乗れた時って案外なんにも考えてない時なんですよね。

 

絶対に乗ってやろう!

乗るためにあーしてこーしてやろう!とか意気込んでる時って大体乗れないんですよ。

 

本当にどうでも良い出来事を例に出したんですけど 簡単にいうとこれが不必要な思考なんです。

 

乗らなきゃ!という不安から生まれた思考で行動した結果 なんにも得ないんですよね。

 

正直特急に乗れるか乗れないかなんてどっちでも良いじゃないですか。

 

朝ギリギリに行動している人なら死活問題かもしれないんですけど 私そこらへんめっちゃ優秀なんで。

朝は毎日余裕持って行動してるタチなんで特急なんて正直どうでも良いんですよ。

 

どうでも良いから 別に不必要なエゴによって行動を起こしていたとしても別に影響はないわけです。

 

でも これが本当に自分にとって重大な出来事だったら?

 

仕事での大切な場面だったり 恋愛での大切な場面だったり お金だったり

このように自分にとって大切だと感じる場面において 私たちはエゴに支配されてるんです。

 

大事な場面だからこそ頭でたくさんのことを考えまくって エゴで埋め尽くしてしまうんです。

 

これが潜在意識をする上での大きな落とし穴になります。

 

チケットを読んだことがある方なら知ってると思いますが、エゴには願望を叶える力は一切ないんです。

 

だからこそ、不必要な思考は必要ないんです。

 

でも だからと言って今すぐ考えることをやめるなんて出来ないですよね。

 

私もここはものすごく苦戦しました。

考えないようにして よく「なる」を実践していたんですけど、結局はエゴに支配されて常に「なったフリ」を続けていました。

 

でも 正解がわからないから自分が「なっている」のか「なったフリ」をしているのか違いが掴めませんでした。

 

だからこそ 私は脳内破壊をずっと集中的にやってきました。

 

何が正しいのかわからないから もうとりあえず根本的に考え方を変えるしかない!!って思ったんですよね。

 

その結果もあって 今ではエゴに支配されることも極端に減らせるようになりました。

 

でもまだまだエゴに支配される時もあります。

 

普段は支配されない分 久々にエゴまみれになると結構びっくりします笑

 

え?!なになになに?!

なんでこんなに落ち込んでの?!的な笑

 

焦って対処の仕方がわからなくなる時とかあります笑

 

そんな時はとことん趣味に没頭します。

頭を空っぽにして敢えてなにも考えないような環境を作り出してます。

 

正直 エゴまみれの時って本当に苦痛なんですよ!!

 

とめどなく頭でエゴが騒ぐんです。

思い出す必要もないことも 平気で思い出させます。

 

結構精神的にくるんですよねぇ〜

 

だから そんな嫌〜な時は趣味ですね。

 

でもまだ自分の趣味がよくわからなかった時は 常に寝てました。

 

エゴまみれになるくらいだったら寝てやんよ!!っていう勢いで寝てました笑

 

寝るってとにかく手っ取り早いんですよね。

 

寝れない人って多分いないじゃないですか。

タイミングとかもあるかもしれないけれど 夜とか寝るじゃないですか。

 

その時間って唯一完璧にエゴからはやれることができる時間なんですよね。

 

だから 本当にどうしようもない時は 寝ることを私はオススメします。

 

寝るのに飽きてきたら 少しずつ興味が持てるものだけに手を伸ばしていけば良いんじゃないかなって思います。

 

脳内破壊をして 少しずつエゴから離れる習慣を身につける。

 

そうするだけでも 面白いくらいにいろんなことが変わってきますよ。

 

 

「当たり前」を変えるだけで現実が変わる

こんばんは。

最近仕事が地味に残業続きで疲れモードに入っています。

集中力がないのがいちばんの悩みです。

 

今日は朝から映画の話を熱くブログで語りましたが笑

 

本当はオススメしたい映画がまだまだあります。

 

また機会をみて映画の話でもしたいなーと考えてます。

 

今まで自分は無趣味でなんの面白みもない人間だと思っていましたが、考え方を変えるだけでいろんなものに興味が湧き、行動を起こせるようになりました。

 

こんなに熱く語れるものがちゃんとあったんだ と気づけたのは結構嬉しいものです。

 

それで気づいたことを一つ。

 

今までの私にとって「無趣味で面白みもないただの引きこもりな自分」が常に当たり前でした。

 

正直自分の人生って本当につまらないって思ってました。

 

このままこうやっていつも一人でなんでも乗り越えていっちゃうんだろうな〜とか。

 

考えてたことって本当に簡単に現実に現れちゃうんですよね。

 

だから私は今年の春からずっと自分の脳内破壊を進めてきました。

 

嫌で嫌でたまらない。

そんな自分が嫌いで、変わりたい一心でした。

 

でも 今までこうやって生きてきて、一体どういう風に変わるんだろう と半信半疑でもありました。

 

でも 今年いっぱいだけは。

何が何でも自分と潜在意識を信じてみようと誓いました。

 

別に自分や潜在意識を信じたところでお金が減るわけでもないですしね。

何か危ないものにどっぷりハマって周りを巻き込むわけでもないですし。

 

信じるだけなら まぁやってみるか!と思って挑戦してみました。

 

そうすると不思議と 少しづつですけど変わってきたんですよね。

 

友達からは「楽しそうだね」とか「可愛くなったね」とか色々前向きな言葉をもらえるようになりました。

 

出会いだって全くと言っていいほどなかった私ですが、なんだか少しずつ知り合う人も増えてきました。

 

私にとっての「当たり前」を変えていっただけで 色んなことが確実に変化していってるんだなと思います。

 

嫌なことがあって落ち込むことだって当然あります。

ムカつくことだってたくさんあります。

 

でも それでもいいんだって受け入れるだけで、自分を大切にすることができます。

 

どんな自分もいつも完ぺき

 

今の私にとっての「当たり前」です。

 

このブログにも本当に救われてます。

 

自分の気持ちを書き連ねているだけですが 書くことで、改めて自分と向き合うことができるからです。

 

悩んだ時とかブログを書くと 「そうだった、これが私だ!」って思えるんですよね。

 

ブログでは出来るだけマイナス思考なことは書かないようにしています。

 

前向きなことをブログに書いていると 自然と、悩んでいたはずなのに気付けば前向きな自分になっています。

 

自分が変われるのなら なんだって活用します。

 

決して自分は縛りません。

 

よく、「あれをやっちゃダメだ」とか「あれをしたらダメになる」とか皆自分に条件付けしちゃってるんですよね。

 

私はダメなことなんて一つもないと思ってます。

 

だって 何をやったとしても今の自分が一番完ぺきだから。

 

落ち込んだっていいんです。

泣いたっていいんです。

モヤモヤして引きこもったっていいんです。

 

それこそが全部完ぺきなんです。

 

たったこれだけです。

 

無理に条件付けして 叶わなかったらどうしよう!なんて悩む必要ないんです。

 

何したって、何考えたって

どうせ全部叶っちゃうんですから!!

 

落ち込みたきゃ落ち込んでください!

 

変に自分を縛らないであげてください。

 

自分は何をしていたって、それが完ぺき!!

 

これをあなたの当たり前にしてください。

 

そうすれば絶対に現実は変わります。

叶わないことは一つもないんです。

 

私の背中を押してくれた言葉があります。

 

すでに用意されているから願うし、叶う願いしか望まない

 

この言葉のおかげで、自分は全部大丈夫だって信じることができました。

 

だからみなさんも大丈夫です!!

 

一緒に思考錯誤しながらでも現実を変えていきましょう!!

 

一人でも このブログを読んでくれていると思えるから私は頑張れてます。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

幸せは案外簡単に感じられる

おはようございます。

 

なんだか8月とは思えないような天気!

 

ここ数ヶ月、なんだか映画にとてもはまっています。

映画は昔から大好きでした。

父が映画をよく観る人だったので、その影響で昔からよく観ていました。

 

でも映画ってなかなか時間が取られるものだからしばらくは離れてたんですよね〜

 

でもAmazon信者の私はちゃっかりAmazonプライムで映画熱再熱しちゃってました。

 

あとは、映画を観るとその時間だけ不安とは完全に離れられました。

だからハマったんだと思います。

 

特にハマったジャンルは恋愛ものでした。

前はあまり恋愛ものは観なかったんですけどね。

ヒューマンドラマが好きだったんですよ。

今でも好きですけどね。

 

何で恋愛ものにハマったのかというと、映画内の日常が自分にも当てはめやすかったからです。

 

映画を観てると、その内容に引き込まれますよね。

 

ドキッとしたり、驚いたり、悲しくなったり、怒りがこみ上げてきたり、嬉しくなったり。

 

そうなんですよね。

 

映画を通じて私達って様々な体験ができるんです。

 

潜在意識の基本でこんなものがありますよね。

 

潜在意識に判別する力はなく、全て自分に返ってくる。

自分以外の誰かに発した言葉は全て自分に返ってくる。

だから、良い感情も悪い感情も潜在意識には分からない。

 

誰かの体験を心から喜べば、それは自分に対して喜んだものと同一になる。

 

誰かを羨んだり妬んだりした時、それは自分に対して抱いている感情になる。

 

私は、要はこれを映画を活用してちょっと応用効かせてみましたっていうことです。

 

どんな感情を抱いても、それが全て自分に対して抱いた感情だと潜在意識が捉えるのなら、じゃあ何を使ってどんな感情を抱いたって別に良いわけじゃん!と思ったわけであります。

 

だから、どうしてもマイナス思考から離れられない!っていう人にはオススメしたいです。

 

普段はどんなにマイナス思考を持ってても良いから、映画を観ている2時間ほどだけは何も考えず映画に集中してみるっていうのはどうでしょう。

 

結構幸せな気持ちになれますよ!

 

主人公に感情移入しちゃって泣いたり笑ったり喜んだり。

一気にたくさんの経験ができちゃうんですから。

 

個人的には本当にオススメです!

 

 

 

この映画は以前にも観たことがあったんですが、再度観てみるとやっぱり良い映画でした。

 

とにかくロンドンの街並みが本当に美しい。

旅行に行った気分にも浸れます。

どんなに年齢を重ねても、恋をすることは出来るんだと教えてくれます。

そして、自分にとって最高の相手とはどんな形であれ必ず出会えるんだということを教えてもらいました。

 

 

主人公がとにかく可愛い!

そして前向きで、どんな現実も変えてみせるという姿勢がとても素敵でした。

最後もとても良かった。

プレゼントがいい味出してるよ。

タイトルが腹立つけど、内容はとても良かった!

  

 この映画は前から本当に大好き!

この映画がきっかけでドリューバリモアが大好きになりました。

彼女の笑顔は、どんなに素敵だともてはやされている女優ですら敵いません。

彼女ほど素敵な笑顔を出せる女優はいないと思います。

そして、こんなにも人から愛されるというのは本当に素敵なことです。

映画を通して、こんなに人に愛されることがどんなに素晴らしいのかを経験することができます。

 

これを書いてて思ったんですけど、私ってレビューが下手くそww

 いい映画なんですよ〜、私の下手くそなレビューでは興味がわかないかも知れないけれど、本当に観てほしい映画たちです!

 

あとは個人的にはおすすめだけど、ヘタしたら鬱になるかも知れない映画を少しだけ笑

この二本は本気で私の中で衝撃でした。

 

 

 

 この映画は心からオススメしたい!!

本当に素晴らしい。

身寄りのない方が亡くなった時に、家族に代わって葬儀などをおこなってくれる仕事をしている主人公です。

誰とも深く関わらない主人公ですが、仕事に真髄に向き合い過ぎたためにクビを宣告されます。

クビになる前に最後の仕事をこなす為、一人の男性の人生を辿ります。

 

もう、何が言いたいかというとジョンが素晴らしすぎる!!

 

表面上は、誰とも深く関わらず常に一人です。

ですが、誰よりも他人を思いやれる。

そんな素敵な人です。

 

この映画の見所はラストにあります。

私はこのラストで本当に号泣しました。

2〜3回観て全て号泣しました笑

 

何人かに勧めて、全員「良かった!」と言ってくれました。

 

とにかくラストを観てほしい。

こんなにもたくさんの人に愛されるジョンを観てほしい。

そして、私もこんなにもたくさんの人に愛される人生を送りたいと心から思えました。

一人じゃなく、必ず誰かが見てくれている。

自分の行いは、決して無駄にはならないことを痛感しました。

正直涙なしでは見れないと思います。

感動というよりも、一人だと思っていた彼が、人一倍仕事に励んだ彼が本当に素晴らしいと思いました。

尊敬の念からの涙かと思います。

 

 

ヒメアノ~ル 通常版 [DVD]

ヒメアノ~ル 通常版 [DVD]

 

 正直この映画は、上記のおみおくりの作法の後に勧めるべき映画ではないことだけは確かです笑

邦画でこんなにも衝撃を受けた映画は初めてでした。

邦画ってあんまり観ないんですよね。

でも、予告を観てすごく気になって手を伸ばしてみたら

まぁ、大変!!

とにかく心が痛くなる!!笑

 

森田剛演じる森田は殺人なんて日常茶飯事です。

私たちが普段当たり前のように生活するように、森田にとって当たり前のような日常には殺人が含まれています。

 

まぁ、そこは別に良いんです。

殺人どうこうはどうでも良いんです。

 

何がすごいかというと、この映画はとにかく演者の方達が素晴らしい。

 

映画といえば、音がすごく重要になってきます。

音楽によって、得られる感情がさらに倍に感じられます。

ですが、この映画に音は少ないです。

少ない中でも十分に魅せてくれるのは、演者の方達の力量でしょう。

 

そして、この映画も上記同様ラストが見所です。

私はこのラストを観て泣きました。

これも複数回観て全部泣きました笑

 

感動したからとか幸せだからではありません。

 

こんな人間が作られたことに悲しくなり泣きました。

 

殺人は、どんな理由があったにせよ決してしてはいけないことです。

でもこの映画を観て考え方が少し変わりました。

決して人殺しは許されるものではありません。

でも、殺人犯だけが全て悪いのか?

そう問われると、私は100パーセントそうだとは思えなくなりました。

 

殺人するに至る動機を作った周りにも、何かしらの非は必ずあるのではないかと思いました。

 

私的には、森田も被害者の一人ではないかと感じました。

 

ちなみに友達とこの映画で熱く語った時、意見は分かれました。

 

人は誰でも殺人の要素を持っているけれど、その引き金が引かれるか引かれないかはその人と周りの環境次第だと私は感じたのですが、友人は森田はもともと殺人の要素を持っていた、という意見でした。

 

この映画はとことん鬱になります笑

 

でも衝撃を与えた一本として、心からオススメしたいです。

 

恋愛映画以上に熱く語ってしまったww

 

とにかく映画は本当に素晴らしいです!!

 

みなさんぜひぜひ観てほしいです!

 

そして私は人生最高の映画はジュラシックパークだと思ってる人間ですww

 

 ジュラシックワールド2が公開されるらしく死ぬほど楽しみにしています!!